スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日も相場休みですか。。。

日本は月曜日休み 火曜日以降どうなるんですかね?
個人的には買い場は近いとおもってますが(もうきてるとは思いますが)


▼日経平均前週末比週間下落率

2008年10月第2週(-24.3%)世界金融危機
1971年8月第3週(-16.9%)ニクソンショック
1990年9月第5週(-11.8%)湾岸戦争開始
1987年10月第4週(-11.6%)ブラックマンデー
1973年2月第1週(-10.9%)変動相場への移行
1997年1月第2週(-10.6%)消費税値上げ

今回の暴落は数字でもものすごいことに
来週もガンガン下がるのだろうか・・・

▼松井証券個人

〓1〓 信用残速報
      信用残(億円)  評価損益率(%)
      ----------------------------
売り残   145.42       14.020   ※倍率  8.317倍
買い残  1,209.40       -40.463
※権利落ち日の評価損益率はみなし数値を使用しております。

売り方儲かりすぎ
買い方死亡@@

〓2〓 新規/返済申込速報
     新規(百万円)  返済(百万円)    差引(百万円)
     -----------------------------------------------
売り    6,962      8,724(買い)   -1,762
買い   12,565     15,380(売り)   -2,815


10月10日騰落レシオ
東証一部

5日騰落レシオ  23.8% -2.5
25日騰落レシオ 54.4% -5.4
値上がり銘柄数  175
値下がり銘柄数  1499

25日が50%台になると反発は近いんだが

100円以下の銘柄もかなり増えてきた

この暴落は恐怖だけど 逆にチャンスだとも思っています。
株が安く買えるのはとてもありがたいこと
日経平均が16000円のときにはじめるのと
日経平均が7000円台のときにはじめるのとでは 資産の増え方も違うように思う。安い銘柄も増えていくし 上昇トレンドになったときの儲けが大きい。

2003年のあちこち安いときを思いだす。5405住金、5480治金、9132第一中央、6302住友重 みずほやUFJの10万われとか いろんな銘柄が100円割れていて 当時資金が30万ぐらいだったころ非常に戦いやすかった 今じゃ30万じゃ 1000株単位の株は2,3ヶ月前だとあまり買えるのが多くなかったが 今じゃかなりの銘柄が買えるにようになった。100株単位の株入れたら相当な銘柄数をトレードできます。

それに急落してきてるので下げ止まってからのリバウンドの反騰はそこそこでかいかなとも思います。 ボールを高い位置から落とすと地面に当たったときによくはねますよね?低い位置から落としてもあまりはねない、株価は低い位置で安定して底固めのときは儲けにくいかもしれませんが 暴落が新鮮なときはリバも大きいと思います。

まあ 実際うまくトレードできるかはわかりませんが
今はチャンスだなと思います マスコミも色々騒いできてるし

しかしアメリカは14198から7882まで落ちてきた
ジャパンは?18300円から8115円まで落ちてます。。。
どっちがサブプライム問題なんだか アメリカのババを世界中が引き受けたってことかな?

今は株やりたくない人が多いかもしれませんが
いずれくるリバウンド相場にうまく波乗りしたいです。
頑張りましょう^^
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。