弱い日本市場

消費税増税のせいなのか?日本株を売ってる人が多いのか NISAとは何だったのかというぐらい日本株は弱い。そしてダウがくずれかけてきて 連れ安の日本市場。主体性があまりない市場なのは昔から ちっともかわってないけど やっぱりデフレ脱却脱却と連呼しながら増税を実行してきたのは 痛いよなあ。せっかく景気が回復しそうだっただけに残念。

為替も円高気味だけど 円高というよりはドル安なだけっぽい。ドル安が日経のあたまを抑えてるのかな?
緩和縮小、利上げの期待で ドル高の予想をしていただけに 難しい展開になってきました。

オセアニア通貨は 中国がぱっとしない割りには強い。ユーロも強いし やっぱり難しい日々は続きそうです。

しばらくは戻りながら下のほうに向かうのでしょうか?
去年 アベノミクスでにわかに儲けた人たちは かなり苦労してるんじゃないかな?
過去の歴戦のツワモノの人たちですら苦戦してるこの地合い 生き残ることを優先して戦いましょう



アイネット証券

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック